本文へジャンプ
Top Top Top Top Top Top Top

仏縁を深めるために

仏式結婚式
 「仏式結婚式」というと、「ええッ?そんなのあるんですか?」と驚かれる方も少なくありません。結婚式といえば神社か教会というのが普通だと思われています。しかし、日本において神社式の結婚式が行われるようになったのは、明治からなのです。大正天皇の結婚式を真似て、飯田橋の東京大神宮が一般の人向けに最初に行ったと、宣伝文句としても語っています。それまで祝言(しゅうげん)を挙げるというのは、仏間に仲人親族が並んで行われていたというのは、時代劇などでご覧になられたのではないでしょうか。

 もちろんそれ自体は先祖を含めた家と家の儀式ということで、仏教的というより儒教的価値観の日本の伝統を重んじたものでしたが、「仏式」として意識されて行われたのは、実は神社式よりも古いのです。そもそも仏教の教えの基本は「縁起」、つまり「縁」というものが重要視されているので、結婚式にはふさわしい宗教でもあるといえます。めぐり合わせを感謝するとともに、未来を築いて行く意志と責任を誓う儀式です。お寺ででも、あるいは出向いていってでも、挙式することはできますので、どうぞ住職までお気軽にご相談下さい。

生前戒名と授戒会(じゅかいえ)
 「戒名」というと、亡くなった人の名前だと思っている人も多いと思います。しかし本来は、仏教徒となって仏の教えに生きる者の証として授かる名前です。ですから生きているうちに「授戒」を受けて戒名を持つことは意義があることなのです。
 詳しくは「戒名について」(寿光院サイト)をご覧下さい。

見樹会のごあんない
見樹院檀信徒を中心として、親睦をはかり、お寺の護持発展を考える会です。旅行会をはじめ楽しい企画をどんどんと開催したいと思っています。どうぞお気軽にご参加下さい。
見樹会のページ