いのちと未来をつなく森のプロジェクト 本文へジャンプ
サンコチュアリ・プロジェクトとは


 サンコチュアリ・プロジェクト(以下、サンコチュアリ)は、維持管理できないために劣化を続ける日本の人工林の問題と、無縁社会と言われる中で問題になりつつある葬儀/埋葬などの課題を、「森林葬」という一つのストーリーの中で同時に解決しようとする試みです。

 「サンコチュアリ」という名称は、「サンクチュアリsanctuary (聖域・聖所)」と、「散骨」をかけています。少しふざけたように思われるかもしれませんが、多少のユーモアを含んだ、いたって真面目なプロジェクトです。

 サンコチュアリは、2010年10月に森林問題に関心のある市民の研究会として始まりました。研究会メンバーは、浄土宗の僧侶、NPO職員、デザイナー、一般の社会人など、それぞれ環境問題、国際協力、市民ファンド、森林ボランティア、平和運動など、様々な分野で活躍してきた6名で構成されています。

イメージ